しっかり理解すれば、いがいとアリなのが、中古家電。


大手リユースショップも、中古家電の取り扱いがされてきており、これからますます需要もありそうな中古家電ですが、そもそも中古家電を買うときに注意すべきことはないのか?というところをお伝えしていこうと思います。

注意すべきその1 リサイクルショップは、バックヤードを見るべし!

小さいリサイクルショップであっても、大手のリサイクルショップであっても、取り扱いしている商品は、ほとんどといって変わりはありません。
ですが、その商品そのものの取り扱い方は、バックヤードを見たらわかりますね。

家電商品が煩雑に床置きだったり、つんであったりするお店のものは、故障が多いのではないでしょうか?
やはり家電商品は、ショックに弱かったりしますので、ちょこっと蹴飛ばされたりするだけで致命傷になってたりします。
まるで宝物のように・・・とまでは言いませんが、丁寧に扱っていないところでは、購入は控えたほうがいいかもしれませんね。


ちなみに、煩雑におかれているお店では、逆に、通常よりお値打ちに店頭に出したりしているので、
ジャンクでも、まあいいや。自分で直して使える!という方は、気にせずに購入されていることが多いようですよ。

画像: ジャンク品と割り切って購入すれば、いがいとアリ!(動きません。)

ジャンク品と割り切って購入すれば、いがいとアリ!(動きません。)

もちろん、商品によって考え方を切り替えたほうがよくて、筆者は基本的に、テレビやプレイヤーなどは、前者。
なんかよくわからないけど、工夫して使おうって思うものは、後者を選択しています。

注意すべきその2 保証の有無を確認すべし!

新品家電製品は、だいたい1年メーカー保証がついていて、お店独自で延長保証をしているところもありますね。

しかし、中古の家電は、保証がある場合とない場合、あっても期限が短いのでご注意!

画像: 保証期間1週間!この1週間を有効活用して、総チェック!(生きてました!)

保証期間1週間!この1週間を有効活用して、総チェック!(生きてました!)

リサイクルショップでは購入後1週間とか、1ヶ月というところが多いようです。
ですから、購入したら、即動作確認をして、壊れていないかどうかをチェックしましょう。
「まぁ、めんどくさいからあとでいいや!」という判断をしたばかりに結果、返品や交換を受け付けてくれないところもあります。

注意すべきその3 掃除はやっぱりしよう!

おおよそのリサイクルショップでは、買取後、動作確認、クリーニング、メンテナンスがされています。
ですが、やはり人がやることなので、絶対はありません。

もしかしたら、メンテナンス不足で壊れてしまうかもしれません。
クリーニングし忘れてて、汚れたままになっているかもしれません。
もしかしたら、虫がいるかもしれませんし。。。

画像: 半壊気味の扇風機!これから冬なのでお値打ち購入!さぁ、清掃開始!

半壊気味の扇風機!これから冬なのでお値打ち購入!さぁ、清掃開始!

購入するときに、しっかりと確認はしておくのは当然ですが、いざ自分の部屋に持ってくるとなったら今一度掃除をしたほうがよいでしょう。

とまぁ、中古品を買うということは、少なくとも、自分の目で判断する必要がありますね。
特に電化製品は、電気を使うからこそ、しっかりと判断することをオススメします。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.