パキスタン綿ってそもそも何ぞや?のおさらい

こんばんわ、ぬです。
今日は前回お伝えした通り

「恐怖、パキスタンの黒胡椒はうまいらしい」をお送りしながら、パキスタン綿のTシャツについて記します。

さてさて、お話ししました通り
(前回の記事を読んでない人はこちらをクリック)

パキスタン製の綿を使ったTシャツはいわゆる当時の偽物です。

今でもライブ会場のそとで、オフィシャルではないステッカーなんかを勝手に売ってるのなんかみることもありますが、まあそんな感じです。

パキスタン製のボディは原価が安かったので偽物の材料に選ばれたそうで。
触り心地はガーゼのような感じで、乾燥機なんかをがっつりかけると、縮んでえらいことになります。

当時のパチものが、むしろ評価されるのです。

この「当時の偽物」なわけですが、これが今になって価値のあるものとされ、ビンテージ屋さんでも高値で取引されています。

そしてなんと、パキスタン製ビンテージを装った、偽物もでています。
通称「パチ綿」(パチモノより)と呼ばれ、ようするに、偽物の更に偽物すら出回っています。
もうえらい騒ぎっすわ。

ちなみのパキスタン綿の登場は80年代からとされており、70年代のツアーなんかがプリントされているパキスタン綿があったとしたら、おそらくパチ綿ではないかと言われてます。

画像: 当時のパチものが、むしろ評価されるのです。

この写真のACDCは80年発売のものなので、ギリギリセーフ(かもしれない)です。

パチ綿ですら、未使用状態なら判別が付きますが、洗い混んでしまうと判別はかなり難しいです。
その判別がつけれるのは、僕が知っている限り大阪でバンドTシャツメインで販売していたビンテージ屋のオーナーくらいです。(僕は知りませんというか全てはわかりません)

人によっては洗って縮まないように、干すときに重りをつける人のいるみたいですね。
夢のあるようなないような、ただ物の価値なんてものは、時代と共にどうなるかわかりませんね。

最後に、うまくまとめてみた。。。

持ってたら価値がなくなることもあれば、無価値だったものに価値がつくこともある。

人間万事塞翁が馬というところでしょうか。

少し意味合いが違いますが、人も物も、この先どうなるかは、わからんということですね(^o^)
それでは今日はこのへんで。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.